地区トレセン

こんにちは!

以前は炊いたお米を70時間くらい炊飯器で保温してたんですが、最近は冷蔵庫で保存するようになりました。

 

 

地区トレセン

はい。

今回は「地区トレセン」について。

※僕の地区の情報を元に記載しております。選考会の無い地区なので、トレセンに合格するための情報などは記載しておりません。現在の僕の所属しているチームと、僕が小学生のときの情報をもとに記載しておりますので、皆様の地区とは異なる情報もあるかと思います。ご了承ください。

 


トレセンとは

「日本サッカーの強化、発展のため、将来日本代表選手となる優秀な素材を発掘し、良い環境、良い指導を与えること」を目的に始まったこの制度

JFA.jp HPより引用

数多くあるチームから上手い子を選出して育てるための制度ですね。



トレセンってどんなことするの?

地区によっても異なるかと思いますが、僕の地区のことを書きます。


トレセンは月に1回か2回くらい集まって練習をし、稀に対外試合もあります。


指導者もどこかのチームから選ばれたボランティアコーチの人が担当しております。


地区によっては選考会とかもあるようですが、僕の地区はチームのコーチが決めた子が行くことになっています。


基本的には個々の技術の向上を目的として地区のチームから何名かずつ選ばれた子が集まってきます。

 

トレセンのメリット

■他のチームの友達ができる
色々なチームから同じ学年の子が集まってくるので、他のチームの友達が増えます。公式戦や招待試合の会場で仲良く喋ったりもできますし、交流の輪が増えますね。小学生だけでなく、中学校や高校に進学した際に同じ学校になったりすることもあります。


■技術の向上が期待できる
トレセンに入ると、当然のことながらサッカーの練習をする時間が増えますので、その分技術は向上するでしょう。更に言うと、それぞれのチームから技術の高い子が選ばれて参加することが多いため、所属チームでの練習よりレベルの高い内容の練習ができます。


■クラブチーム受験ステータス
小学校を卒業後はでクラブチームでサッカーをする子は、クラブチームのテストを受けることが多いと思います。そのテストの際に「トレセンに選出されていた」との文言があることはステータスになります。ただ、技術が伴っていない場合はマイナスになることも・・・。

 


トレセンのデメリット

■担当指導者による
ボランティアコーチが担当となるため、担当コーチによってはしっかりとした指導がなされない場合があります。精神論ばかり言うコーチ、サッカーの基本的な動きを理解していないコーチなど、指導者として「???」なコーチも中にはいるので、どんなコーチが担当になるかは運としか言えないですかね。


■保護者の負担になる
基本的には保護者が送迎をすることになります。
チーム練習の後に現地への送迎をしたり、試合会場へ連れて行ったり、所属チームに加えてトレセンの対応が増えますので、そこも踏まえてトレセンに参加するか決めた方が良いかと思います。同じチームから何人かいる場合は保護者同士で協力しながら参加するのも良いかと思います。


■参加したくない子
技術はあっても、コミュニケーションが苦手な子もおります。普段とは異なるチームメイトとサッカーをするのが苦手な子もおります。そのような子に無理矢理参加させると、子ども自身が苦しい思いをしなければなりません。コーチからの推薦があった際は、本当に参加したいかどうか、トレセンがどういったものなのかをしっかりと子どもに説明した上で決めるのが良いでしょう。



僕の経験から

僕自身も小学生のときに地区トレセンに参加しておりました。
トレセンに行きたかったか行きたくなかったかと問われると、自信を持って言うことが出来ます。


「行きたくなかった!」と(笑)


僕はあまりコミュニケーションが得意じゃなかったので、他のチームの子と一緒にサッカーをしたり、単純に友達になるのが苦手でした。


所属しているチームだとできるプレーも、トレセンだと周りの選手のことを気にして出来なかったりもしましたし。


更に担当コーチが怖い人で、月に1回練習会があったのですが、毎回行くのが憂鬱でした。


でも悪いことばかりでなく、練習自体は自分にプラスになるものでしたし、トレセンで一緒だった子と一緒の高校でサッカーができたり、トレセンに選ばれて良かったこともたくさんあります。



最後に

自分の子どもがトレセンに推薦された場合、子どもが本当に参加したいかどうかを確認してから返答してあげてください。
保護者がどうしても行かせたいから参加させると、苦しい思いをするのは子どもなので。
トレセンのことがよくわからない場合は、チームのコーチに詳しく聞いてみてください。
子どもにとって良い選択をしてあげられると良いですよね。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です